Page 69 of 78

難波 Yakata de voce

(g)武藤 ケンイチ  (b)大谷 英之
ゲスト(ds)大野 正揮

長らく歌唄ってきて初めて ”声枯れ” しました。
何があろうとも 歌唄う人間はそんなことしたらダメなのにやっちまいました。
ごめんなさい(泣)
しかし、いつものこのトリオにドラムが入るとそれだけでいつもの3人の歌い方が
変わる・・・というのを強烈に感じたこの日。
うまく表現できないけど楽になる、というか のっかり感が増して楽になる・・
というか。  ”ドラム”ってすごい

桃谷 M’s Hall

(cl)鈴木 孝紀  (b)中村 安彦

P10004491

この日は、いろんなことに挑戦!
そもそも弾き語りはベース、ドラムが必要でそこに管楽器やギターが入る
というのが完璧であると言われるけど、なにをなにを 右向け左!
(vo.p+cl+b)という編成には他にない独特の世界がやはりあります。
ゆったり まったり エロく ・ ・ ・ これですよこれ。
この日は何か自分の中の別の扉が開いた・・・そんなLiveでした。

What’s New

(cl)鈴木 孝紀  (b)浦田 和史

06WLC_0029S1 20WLC_0105S1 66WLC_0096S1

この3人で演奏するのはこの日で2回目。
大変にアットホームなお店で、あたたかいお客様にpowerをいただきながら
ものすごく楽しく演奏できました。
この3人も1回目よりうんとたくましさを増した演奏ができていたと思います。
新しい試みも自分なりにできたし、収穫の多いLiveでした。
What’s Newの皆様有難うございました。81WLC_0163S1 88WLC_0171S1

梅田 Royal Horse

(b)三原 脩  (ds)岡野 正典

初めてのRoyalHorseでしたがなんとか終えました。
vocal3人がそれぞれ1ステージずつつとめるという形式。
vocal広部直子さんのステージ、小柳エリコさんのステージ、
それぞれに持ち味のよく出たステージだったと思います。
3人・・・曲かぶれへんのか? とか、色々心配したけれど、
そういったこともなく・・・。
(b)三原さんがやっぱり大御所。空気をぶぁっと動かすような力強い演奏で
私の弾き語りゆえのよどみ感をぶち破ってくださいました。
勉強になったこの日の演奏。
しかし、写真がっ(汗)忘れました。(泣)