Page 70 of 86

堺 Bar Aquavit

(b)浦田 和史

いつものDuo。 この日はとある課題をもって取り組みましたが、、、
個人的には6割くらいの達成度かな・・? いやしかしこのDuoも毎回
進歩しています。 少しずつではありますが・・。
いつかこのDuoで颯爽と”Duo Live”演奏をしたいです。フフフ・・。

和泉の国 Jazz Street

(b)権上 康志  (ds)松田GORI広士

P10006551 P10006561

今年で2回目をむかえる和泉市でのイベント。
昨年とはまた違う場所での演奏。
諸事情あり な・な・なんとドラムはあの松田GORI広士さんに急遽演奏
していただく運びとなったのですぅーーー!!
ものすごく世界がぱぁーーーっと開ける、その感覚をずっと覚えたまま
初めて弾き語れたのでした。 ほんとにすごかったです。
ドラム様が地を 、 底を 、ウーーッと這うように動かす・・全体を。
しかし基調となるものは決して懐さずに・・・。
ものすごく貴重な体験をさせていただけた今年の和泉の国JazzStreet。
幸せでした!! ウオッホ~イ!!
生きてて良かった。。フフッ!!P10006571 P10006601 P10006611

東大阪 ミドルノート工房

(b)浦田 和史  (ds)大野 正揮

P10006481 P10006501

気心の知れた仲間との演奏はやはり心地よいです。
とにかく弾き語りというのはいろんな面が理解されにくいのだけれど、
いや、本当はそうじゃないのかもしれないけど、総合的に私という
弾き語リストを聴いて判断し大きく支えてくださるベース浦田さんのお力の
強さ、広さにこの日も心躍らせておりました。
そしてご機嫌なドラムで支えてくださった大野さん。楽しかったです!
次回は、10月27(土)です!

豊中 我巣灯

(b)佐口 明彦  (g)伊藤 邦雄  (ds)乾 幾ニ

近頃は”3人”という人数で演奏することばかりの私。
”4人”になると渦巻く音も増え色々と難しい事がまだまだたくさんあります。
人数分の音を注意深く聞き即座に対応する力をつけねば・・・と痛感した
Liveでございました。