Page 73 of 81

豊中 我巣灯

(b)佐口 明彦  (ds)乾 幾二

この日はものすご~く久しぶりの乾さんがドラム。
道中にちょっとしたハプニングがありましたが、
大変楽しいライブになりました。 それなのに・・・デジカメがカバンの中に
入ったまま・・・撮るのを忘れました。(泣)
帰りに女性のお客様に「次いつですか?」と言っていただきました。
女性にそう言っていただくのはものすごく嬉しいですね~!
次回は8月17日(金)です!   是非お越しくださいませ!

難波 Yakata de voce

(g)武藤 ケンイチ  (b)斎藤 一郎

P10004461

この日のベースは初めてご一緒させて頂く斎藤一郎さん。弱冠21歳!
この年齢にしてマットデニスが好き、シナトラが好き とのこと・・・。
歌ものが好きというだけあっていろんなアプローチで支えていただきました。
そしてこの日はドラマー大野正揮さんがご来場くださり、
後半はカルテット演奏になりました。
熱心に聴いてくださるお客様に”ジャズってカレーのような音楽ですね・・”っと
コメントいただきました。

堺 Bar Aquavit

(b)浦田 和史

P10004171

今月は2回目となるベース浦田さんとのデュオ。
私のライブリポートにも度々書いてきましたが、ベース浦田さんは演奏する度に
センスアップされていると実感します。
ピアニストでもなく、ボーカリストでもなく弾き語リストを支えるのはただならぬ労力が
必要とされるのですが、弾き語リストの気持ちがわかっておられるかのような
ベースで支えてくださり、心の底から楽しく良い雰囲気漂う演奏となりました。
浦田さんとは演奏でもおしゃべりでもなんだか波長が合うのか・・・
時間が経つのが かな~りはやい。(笑)

逆瀬川 Back Stage

(b)中村 安彦

P10004141 P10004161

ここ最近Back Stageでは3人の演奏が多かったのですがこの日は
中村さんとのデュオ。
私の原点であるベースとのデュオ・・・この日は現場での気持ちが大変充実し
なんとも心地のよい演奏になりました。そしてこの日は・・・いつも凄い
中村さんが天から何か降りてきたかのようなそんな神がかり的な際立つ
ベースを奏でられ弾き語りworldの味わいをより深いものにしてくださった
のでした。脱帽。
デュオって素敵。 難しいけど素敵。 私の原点。 私の原点。