Page 79 of 98

逆瀬川 Back Stage

(cl)鈴木 孝紀  (b)中村 安彦

P10008502P10008512

演奏のクオリティとは別のところでそれを保つのに必要な事柄がいくつも
あります。
Liveをする度に課題というものがでてきますが、この日は自身にとって
とても大切で需要な課題を発見できたLiveとなりました。
鈴木さん、中村さんのお力で多くのことを学ばせていただいております。
次回に必ず活かせるように精進あるのみです!!

(Part2)東大阪 Cross Road 

(b)浦田 和史  (ds)岡部 潤也

P10008481 P10008491

夜は初出演となるこのお店でベース浦田さん、ドラム岡部さんとのLive。
昼間の演奏でほぐれたかに思えましたが やはり緊張致しました。
いろいろな場所で演奏させていただくのですが、このお店に入った時に
なにか空気を感じました。 変な意味ではなく なにか真摯な空気を・・。
あたたかいお客様に囲まれて思う存分に演奏できました。
昼と夜、同じメンバーで移動しながらの演奏でした。
長い一日でしたがこのお二人と演奏できる喜びをひしひしと感じた
とても充実した一日となりました。
ご来場いただきましたお客様、そして浦田さん岡部さん、
大変有難うございました。

(Part1)宝塚音楽回廊

(b)浦田 和史  (ds)岡部 潤也

初めて参加させていただいたイベント。
最近殊に充実感が増しているこの2人のplayerとのユニットでの演奏。
会場はホールですごく音がまわる感じでした。今年の5月くらいから一緒に
演奏させていただいているのですが回を重ねるごとに進化をしていると
感じています。弾き語りゆえのいたらなさや難しさをいろんな角度から
支えきってくださる浦田さん、岡部さん。自身にとってはソリストとして一番
仕事量の多い編成で大変なのですが自身がもっともっと委ねる部分を
増やしていくことでぐっと深いものになると確信があります。
このユニットでも ものすごく多くの刺激をいつも受けています。
そして・・・夜につながります・・・

東大阪 A marl

(cl)鈴木 孝紀  (b)中村 安彦

P10008441 P10008461

3週連続でこのメンバーとの演奏。
音響的立ち位置的に難しい面もあるけれどそこはお二人の底力で
ぐ~っと支えていただきます。熱烈なお客様に囲まれていつも とっても
楽しく演奏させていただいております。
リクエストもたくさんいただきました! ありがとうございます。