Swingin’ Hot Jazz Band@M’s Hallライブ後記

6月24日(金)桃谷M’s HallにてのSwingin’ Hot Jazz Bandライブにお越しくださいました皆様、誠にありがとうございました!!

1920年代を彷彿とさせるような、懐古的な2beatなサウンドでジャズをお楽しみいただくコンセプトのSwingin’ Hot Jazz Band。

今回は、fats wallerやティンパンアレー、しゃぼん玉といった楽曲、そして、Swingin’ Hot の代表曲である、Joseph JosephやMy old kentucky homeなど、もちろんストライドピアノもふんだんに取り入れながらお聴きいただきました!!

この日の特筆すべき点は、なんといってもMy old kentucky homeでのbass佐々木研太さんの弓での演奏です★★★メロディーを研太さんに演奏していただくのですが、ノスタルジックな空気を会場全体に響き渡らせておられて、会場のお客様の全員がじーっと聴き入っていて、研太さんのフィーチャーが終わると、必然的に会場から大きな拍手が★お客様の心からの拍手であることがしっかりとわかる、そんな大きな拍手でした。圧巻でした。さすがです★日頃から大変謙虚な方なのですが、能ある鷹は爪を隠す、、、こういった一見易しそうに感じる素朴な楽曲を、自分をこうだ!といって演奏するのではなく、楽曲の特長を掴み理解し表現しきる研太さんの底力を会場のたくさんのお客様も共演者も、皆が感じたシーンでした★幾人ものお客様から研太さん素晴らしいですね、とお声を聞かせていただきました。

金曜日の出来事なのに、まだ研太さんの音の余韻にこれを書きながら浸っている自分です。

guitarは能勢英史さん。引き出しの多さ、お持ちになられている絵の具の色の多さ、楽曲に対する理解度、そういった全てのことが完璧な能勢英史さんですが、この日の圧巻は、しゃぼん玉でのソロ演奏の音色★会場のお客様も、またbass佐々木研太さんも私も、ノックアウト★やられました★舌を巻く、、、の二乗、巻き過ぎて気道を舌が塞ぎそうなくらいに魅了されました★いやぁほんとに素晴らしいです。余韻、余韻、余韻。。。

全く関係ないですが、能勢英史さんは、コーラを飲まれます。誰でもコーラくらい飲みますが、、、個人的に能勢さんがコーラを飲むイメージがなくて、演奏の凄さと、コーラが結び付かなくて、、、ま、どうでもいい、関係ない話しです(笑)

クリップライトを入手。あっかるーい!!ド近眼に老眼が出始めていて、どうにも目が具合悪い昨今です。

ストライドピアノをふんだんに取り入れながらの演奏でしたが、手応えを感覚として掴んだかしら★★★

1920年代を彷彿とさせるような、というレトロな世界観を演奏しておりますが、そうは言っても最早1920年代に生きておられた方々はそうはおらず、ここまで独特の世界観を聴くと、古いを通り越して新しいね、とのお声が聞かれました。なんて嬉しいことでしょう!!

charlestonなんかはSwingin’ Hot でしか演奏致しませんが、いいでしょう?このCharlestonというのは、ダンスがあったわけで、1920年代の楽曲はダンスと共に発展していったところもあり、私達の演奏がダンスをされている方々と共に何かをやれたら最高だと思っています★★

だって、ジャズが一番熱かった時代なんですから★★★

そして、これはShow中でもお話ししましたが、ある場所でのお客様からのアンケートに、あなたの歌うリリーマーレーンが聴きたい、と書かれてあったのを受けて、この日演奏致しました。マレーネディートリッヒの映画にはまっていることもあり、Swingin’ Hot で演奏できたことが大変嬉しくありがたかったです。歌い続けていきたい楽曲です。

皆様のお蔭で心から幸せな夜となりました★★★

なんだかウンチクをゴジャゴジャ書いているけれど、まだお聴きでない皆様、是非とも一度お越しください。ここでしか聴かれない、なんて宣伝文句は誰にでも、どこにでも使いふるされた文言ではありますが、本当にここでしか聴かれないジャズを演奏しています。まさしく古いを通り越して新しいと感じるジャズライブShowです★

次回、Swingin’ Hot Jazz Band@M’s Hallは、

8月19日(金)に、5月の再演!!

Swingin’ Hot Jazz Band

with北川真美

大好評だったコラボレーション企画の2回目です!お聴き逃しなく!!

そして!!

こちらも是非是非応援に駆けつけていただきたいライブです!!

7月27日(水)

New Suntory 5 @ Swingin’ Hot Jazz Band

New Suntory 5

https://www.newsuntory5.jp/

Swingin’ Hot Jazz Bandでも、また私個人もNew Suntory 5初出演です!!

皆様のお越しをお待ち致しております。

楽しみでしかない★

Swingin’ Hot Jazz Bandはこんなバンドです。

↓↓↓↓↓

traditionalからNew Orleans Jazz、Chicago Jazz、Swing Jazz創成期時代の楽曲や、時代を超えて古今東西愛されてきた名曲の数々を、粋で洒脱なSwing Soundで味わっていただけるTrioです。Jazzが一番華やかだった、狂乱の、狂騒の1920年代を彷彿とさせるような世界観をお楽しみ下さい。StridepianoやBoogieWoogieなどの今ではなかなか聴けなくなった楽曲でSwingin’ Hot Jazz Bandの世界観をお楽しみいただきます!ステップを踏みたくなるようなfootstompin’なユニット★★

Swingin’ Hot Jazz Bandのファンページを作成しました。イイネ、よろしくお願い致します。

↓↓↓↓↓

https://www.facebook.com/swinginhotjazzband

5月27日と6月2日ライブ後記

5月27日は京都祇園JTNさんにて演奏致しました。お越しくださいました皆様、誠にありがとうございました!

ものすごく久しぶりの京都での演奏でした。10年以上ぶりに乗った京阪電車。特急のゴージャスさが凄かったです。ただ、座席背もたれが長い?というか高くて、外の景色が見辛かったのが残念でした。四条、だったのに、祇園四条になってました。でもキクスイは昔のまま同じ場所にあり、八坂神社も久しぶりに。

clarinet鈴木孝紀さん、bass佐々木研太さんのtrioで、古いジャズを。お二人とも、いつものことながら最高な音で魅了されておられました★

音響が素晴らしく、ピアノも大変良い感じで、気持ちよく演奏させていただきました。PA担当の方にもお世話になりました。ありがとうございます。

若い女性の方がライブ終了後に嬉しいお声がけをくださいました。若い方でも、絶対に楽しんでいただけると思っていて、こうして実際にお聴きいただきお声がけいただけることは大変な励みになります★目指すところのものに少しは近づいたか、と思える瞬間です。

本当にありがとうございました!!

そして6月2日はBasin Streetさんにて、MOT Trioで演奏致しました。お越しくださいました皆様、誠にありがとうございました!!

元々、取っ替え引っ替え色々なplayerと演奏するライブより、固定のユニットで練り上げたSoundを出しているライブが好きなんですが、このtrioも回数を重ねているので、大変良い感じになってきています。

この日もbass三原脩さんのベーシストたる者こうあるべし、というような見事なbassプレイを聴かせてくださいましたし、guitar川崎達彦さんも、曲によりバンジョーに持ち替えて、Old Jazz Songの曲調をよく理解されたプレイで聴かせてくださいました。

bass三原脩さんのslapが素晴らしいのですが、

お訊きしましたら、ミルトヒントンが元々お好きであられるとのこと。そして、何より、めでたい感じが出せるから、とお話しくださいました。bassの仕事は、フロントの出す世界観をさらに広げることやからね、と。

流石です。心打たれます。

明るいこと、これは私が演奏する上でとても重要視していて、そして何より、めでたい感じ、陽気で、晴れやかで、ハッピーで、楽しい感じ、、、

日常生活は皆色々あり、暗かったり、しんどかったり、辛かったりするわけで、いや、なんだったらその方が多いのが普通で、

だからこそ、音楽は、エンターテイメントとして、ショウとして、明るくてハッピーで楽しくて、そして特になにかあったわけでもないけど、めでたさ、みたいなものを感じられたなら、もうそれだけで心は、気持ちは少しは元気になるんじゃないか、と思うわけです。

いろんなジャズがあります。正解とか不正解とかではありません。

私はそんなジャズをこれからも演奏していくつもりです。

bass三原脩さんは本当に見習うべき、尊敬に値する大先輩ミュージシャンであられます。

次回MOT Trio は、7月21日(木)です!!

お待ち致しております!!

UpBEAT VOICES@M’shallライブ後記

5月14日(金)は吉田美雅UpBEAT VOICES@M’s hall ライブへお越しくださいました皆様、誠にありがとうございました!!雨がひどくて足元の悪い中をお運びいただきました、本当にありがとうございました!!満席でしたね★

この日は、このトリオ誕生のきっかけとなったNat King Cole trioの楽曲をたくさん演奏致しました。ハモリも新曲ありでしたが、やっぱり最高にSwingしてました!!めちゃくちゃ楽しかったです!!

UpBEAT VOICESのテーマ曲、Straighten up and fly rightやHit that jive jackやOld folks at homeなどは最早円熟の境地に至っているのではないかと感じてしまう演奏だったように思います★

Baby won’t you please come homeなどもなんて心地よいswing感だったことか★高速I know that you know thatもNaokeesのお二人の鉄壁のリズムにのっかり、久しぶりに演奏しましたがスリリングでワクワクがとまらなかったです!

またAll by myselfではゆったりとした、小唄にはぴったりのSwing感でもって。

I let a song go out of my heartでは、野江君、光岡君が声のテンションマックス!ハモりも円熟味が出てきましたね★

そして、なんといってもこの日、それこそ10年以上前にご共演いただいていた、drum弦牧潔さんがお越しくださり、これまた私のワガママをお聞き届けくださり、セカンドからはコンガでご参加くださいました!!

ぐぐっと、UpBEAT VOICESの世界が引き締まり、また斬新なメリハリがつき、今後のUpBEAT VOICESの新たなフェーズを垣間見せてくれるような、そんな心躍るサウンドが広がりました!!めちゃくちゃ楽しかったし、UpBEAT VOICESの引き出しが増えたように思えたセカンドでありました!ドラムスセットは準備できなかったため、コンガを演奏していただきましたが、歌ってました、コンガが、コンガを演奏するその手が、そして弦牧君が!!楽しくないわけないですよ、ほんとに★★★★★弦牧潔さん、本当にありがとうございました!!

アリやなぁ、、、このスタイル、、、なんて先を見据えながら、お客様も笑顔で、私にとってはそれが一番の幸せでした!!

あー、楽しかった!!

次回UpBEAT VOICESは

8月11日(月)@JAZZ ON TOP ACTⅢ

で、しばらくはありません。

が、また新たなUpBEAT VOICESを聴いて、観て、お楽しみいただけるよう、アイデア絞り内容を練り拵えてまいりますよ!!

どうぞお楽しみに★★★

いやぁ、いいバンドです。

やっぱりね、長年一緒に音を出してきたバンドというのは、例え同じようなスタイルであっても、積み重ねられてきたそのバンドの「層」がきちんと見える。音として、絶妙の空間として、きちんと聴こえる、これは私が他のバンドのライブを聴いたりしてきて、実際に肌で、心で感じたことであります。UpBEAT VOICES、一人でも多くの方々に届くよう、更にパワーアップしてまいりますよ!!

まだ聴いたことがない、という皆様、一度は聴いて、一度は観て、損はございません、損はさせません!!

本当にありがとうございました!!

M’s Hallは、ピアノが奥に位置していて私の様子が写真ではいまいち伝わりにくいですが、店内めちゃくちゃお洒落で、古い調度品に囲まれていて、良い音でマスターの冴えたセンスによるチョイスのアルバムが流れていて、またクラシックカーも展示されていたり、 、、ぜひとも一度は行ってみてください!毎週金曜日に、マスターの冴えたセンスの効いた素晴らしいミュージシャンによるライブが開催されてます!!きっと虜になりますよ★

Swingin’ Hot Jazz Band with北川真美@DEAR LOAD後記

5月8日(日)、放出DEAR LOADさんにて

Swingin’ Hot Jazz Band with 北川真美

演奏させていただきました!お越しくださいました皆様、誠にありがとうございました!!

まずは、めちゃくちゃ楽しかったです!!初の企画でしたが、本当に楽しかった!!

演奏機会をいただき本当に嬉しくありがたく感じています、10周年を迎えられたDEAR LOADのママさん、マスター、本当にありがとうございました!!

お客様からいただいた感想の中に、今まで古いジャズって聴かずにきたけど、こんなノれたり楽しいものなら、これから意識して聴きたいと思います、というお言葉がありました。こういうお言葉は素直に大変嬉しく思います。ありがとうございます。

Swingin’ Hot Jazz Bandのテーマ曲として根付かせていきたい楽曲、CharlestonやJoseph Joseph、My old kentucky home、そして、singer北川真美さんの十八番、In the shade of the old apple tree、1stセットではFats Waller楽曲を趣向を凝らし、Swingin’ Hot Jazz Bandとsinger北川真美さんの魅力を余すことなく凝縮させたライブだったように感じています!

現代Jazzの元になったそもそものJazz。JassからJazzへと移行していった時代の、Jazzに一番勢いのあった時代の楽曲。綺麗なメロディがあり、それをストレートに歌い、演奏し、swingする、そんなJazzの佳曲たちを一人でも多くの方々に知っていただき、楽しんでいただきたい一心で企画した今回のライブでした。

singer北川真美さん、Old Jazz Songを決して派手ではないけれど、発語がswingしていて、落ち着いた深い味わいのある声質で、きちんとメロディを意思を持って歌われる、佳いsingerであられます。この日は、今回のライブのために新たにレパートリーに入れていただきました、I’m gonna sit right down and wright myself a letterを私と真美さんで交互に歌ったりしましたが、いやぁ、なんとも心地よく、お客様も楽しんでいただけたのではないでしょうか。そして、poppity pop ~I got rhythmでは2人でイメージした通りの世界観が表現できたように感じています。Cherryでは、真美さんが私の歌に合いの手を★極上の至福感!!なに?これ?って思うくらいの、幸せな、豊かなサウンドになっていたと思います。

guitar能勢英史さんのJosephでの圧巻のパフォーマンス!!この曲は、Swingin’ Hot Jazz Bandのテーマ曲です!!

そして、bass佐々木研太さんのMy old kentucky homeでの美しいアルコアプローチ!!この曲も、Swingin’ Hot Jazz Bandのテーマ曲です!!

そして、アンコールでは、北川真美さんと一緒にEight nine and tenを。真美さんの、きちんとコントロールされた美しい息の混じった歌声を、初めて聴かせていただけたシーンがあり、胸ときめきました★

素晴らしいお店、素晴らしいメンバー、そして熱心に聴いてくださるお客様、、、ライブというのは、どれかだけが飛び抜けていても成立しなくて、双方向に整い、双方向に寄り添い合い成立するのだなと感じました。

いろんなJazzがありますし、それぞれ素晴らしいです。そんな中、私は、Jazzの大元の古いスタンダード楽曲を引き続き研究し演奏していこうと思っています。お客様が楽しんで聴いていただけるJazz。心地よく、心躍る、ステップ踏みたくなるようなJazz。ダンスと共にあったジャズ。誰もが口ずさめたジャズ。そんな演奏をこれからもSwingin’ Hot Jazz Bandで、そしてsinger北川真美さんのこれまでにない魅力も引き出しながら組んで演奏して参ります。お楽しみに★★★

次回Swingin’ Hot Jazz Band with北川真美

8月19日(金) M’s Hall

です!!!

ライブ終了後の率直な私の感想は、

もう終わっちゃった、、、でした。(笑)

楽しい、いや、楽しすぎた、そんな幸せな時間はあっという間に過ぎるんですもの、、、早すぎるわ。。。

本当に本当にありがとうございました!!

まだ余韻に浸りながらの後記投稿です。