Page 2 of 140

10月23日マーシーオーガモンライブ後記

10月23日㈯は、マーシーオーガモンさんにてguitar四方裕介さんとのDuoライブでした。お越しくださいました皆様、誠にありがとうございました!

この日もこのDuoらしい演奏ができたように感じています。やはり続けていると、信頼感や良い安定感も生まれてきます。

この日は、演奏もとても充実していたのですが、本当に永らくぶりにお会いしたお客様との会話もまたものすごく楽しかったのでした☆

写真がないのが大変残念ですが、次回決定しております!

12月2日㈭ マーシーオーガモンさんにて、

piano&vocal 吉田美雅

guitar 四方裕介

お待ち申し上げております。

11月7日㈰お昼は。

11月7日㈰は、朝潮橋Piano Bar Kiyomiさんにて、singer北川真美さんと2人で演奏致します。

私の体調不良やコロナによる延期で、ようやく実現するライブです!

たまたま2人ともOld Jazz Songを日頃から取り上げていて、今年ひょんなことからご一緒する機会に恵まれ、その後2人でなにかできるのではないか、ということで企画致しました。

ただSingerとpiano弾き語りが歌って、歌伴奏して、、、というライブではなく、せっかく2人とも古いJazzをやっているのだから、その時代の雰囲気を全面に押し出し、pianoはstride奏法で、そして歌は、日頃他人の歌をハモったり合いの手を入れたりはなさらない真美さんが私の歌にハモりや合いの手を、そして、日頃は自身は主旋律で男声をハモらせている私が真美さんの歌にハモりや合いの手を、そんな初のDuoライブてす!もちろん世界観は2beat,ブンチャブンチャのダンサブルな音世界です!

ノスタルジックで、気品があり、しかしどこかコケティッシュでもあり、なんだか優しい気分になる、そんな2人のサウンドです!!

日曜日の午後は、朝潮橋Piano Bar Kiyomiで、私達の世界を味わってみてはいかがでしょうか。素敵な午後になること請け合いです★

15:00スタートです!!

うっとりするような美しいメロディを持つ古いJazzの名曲たちを吉田&北川カラーでたっぷりお聴きいただきます!

お楽しみに★★★

お待ち申し上げております。

10/22 Swingin’ Hot Jazz Bandライブ後記

10/22は桃谷M’s Hallさんにて、本当に本当に待ちに待った、延期の延期のSwingin’ Hot Jazz Bandライブでした。

お越しくださいました皆様、誠にありがとうございました!!

Swingin’ Hot Jazz Bandは

guitar能勢英史さん

bass佐々木研太さん

とのユニットです。

ユニット名を、Swingin’ Hot Jazz Bandと命名してから、コロナ禍で、なかなかライブができずで大変歯痒い思いをしておりましたが、この日はその思いを炸裂させました。

Swingin’ Hot Jazz Bandといえば、あの曲!と、皆様に覚えていただけるように、このバンドのカラーが一聴でわかるような、そんな楽曲がいくつか出来てまいりました。

能勢英史さんのguitarが唸る、Joseph Josephや、佐々木研太さんのアルコ冴え渡る、My Old Kentuckey Home、そしてtraditional songでカントリー調に奏でるBanks Of The Ohio、これらの楽曲は更に進化した演奏をお届けできたと思います。ノスタルジックな世界観、いかがでしたでしょうか?

そしてこの日の圧巻は、なんといっても、インストとして、Ev’rybody Loves My Baby とCharlestonをstride奏法での演奏です。2beatのJazz。1920年代の狂乱のJazz Ageを彷彿とさせるJazz 。身体が自然とのってくるリズム。ノスタルジックで、セピア色の世界をご堪能いただけたのではないでしょうか。

コロナ禍で家にいる時間が長くなり、日頃はあまり観ない映画をいろいろ観ました。活字で読んで自分の中にイメージの出来上がっている作品は、あまり映画を観たくありませんでした、それが壊れるのがイヤだからです。しかし、華麗なるギャツビーや風と共に去りぬなんかは、イメージ通りでした。そんな華麗なるギャツビーの中のパーティーシーンで、Charlestonという曲が流れています。他にもいろんな曲が。

こういう有名な映画の中で使用されている楽曲はやはり魅力がありますね。曲自体に気品がありますし、永く愛されて来た曲でありますし、重みがありますね。

guitar能勢さん、bass研太さんの鉄壁の布陣に支えていただき演奏したこれらの楽曲は、予想を超えて高く広く羽ばたいてくれました。本当に嬉しい時間でした。

また、Boogie WoogieスタイルでのChattanooga Choo Chooも圧巻でした。迫力のある、パワー全開の演奏となりました。

Jazzは一体いつできたのか、どういう歴史があるのか、またJazzの大元となっている大変ヒットした楽曲はどんなだったか、、、など、古い音源や歴史を学ぶにつれ、この時代の音楽に魅せられます。

100年以上も前の楽曲をこうして現代に生きるJazz Musicianが演奏していることに浪漫を感じるのは私だけでしょうか。

他では聴けない楽曲、他では聴けない世界観がちりばめられたSwingin’ Hot Jazz Band。今までにない新鮮なJazzの感覚、ノスタルジックな、名画の中に入り込んだような感覚をきっと味わっていただけます。

Dexieland Jazzの編成ではなく現代的なそれのコンボで、Ragtimeからswingへと移行していく時代のJazz を、メロディを綺麗に奏でるJazz を、自然に身体が揺れるJazz を、お聴きいただくべく、これからも突き進んでまいります。まだまだユニット名も覚えていただいていないので、Swingin’ Hot Jazz Band、お一人でも多くの方々に覚えていただきたいです。ネーミングが長いので、、Swingin’ Hot なんて、呼んでいただけるようになったらなぁ、、なんて、想いを抱いております。

次回Swingin’ Hot Jazz Bandは、、、

2022年2月25日㈮

M’s Hall

決定しております!

お待ち申し上げております!!

https://www.facebook.com/swinginhotjazzband

Swingin’ Hot Jazz Bandのファンページです。是非とも応援のほど、よろしくお願い申し上げます。

本当にありがとうございました!!

10/17 神戸Jazz Walk 後記

神戸Jazz Walk@Basin Street

vocal 井前人美

tenor sax 松尾愛

guitar&vocal 川崎達彦

piano 有田真大

bass 神田芳郎

piano&vocal 吉田美雅

本当にたくさんのお客様がお運びくださいました。誠にありがとうございました!!

11店で同時に開催されたこのイベント。各店とも多いに賑わったようで、とにもかくにもこのイベントが無事に開催されましたことに深い感慨を覚えます。

お客様からたくさんの拍手をいただいたミュージシャン全員が、心からの喜びを感じたと思います。私自身も、とてつもなく嬉しく感じていました。本当に本当にありがとうございました。

このイベント開催にご尽力くださったBasin Street川崎達彦オーナー。この日もguitarに、vocalにdrumsに、お店のお世話に、大活躍されておりました。マフィアのような出で立ちでこの日はキメておられましたが、いつまでも若々しく、オシャレで、熱いJazzへの想いを抱き続けて牽引していっていただきたいです。

井前さん、松尾さん、有田さん、神田さんとは初顔合わせでした。お世話になりました。ありがとうございました!

来年3月13日㈰に次回の開催が決定しております。

是非ともお運びくださいね!!みんなで、楽しい時間を共有致しましょう!!

ありがとうございました!!